« 赤谷の森 キツネの子育て | Main | 美味しい二色 »

2009.10.21

Aチーム

091021
GR DIGITAL III

懐かしいテレビドラマを放送しているので、録画をして夜に楽しんでいる。
相方のPさんとテンモニ調査中に話題になった「特攻野郎Aチーム」。
懐かしく思う人も多いのではないでしょうか。

そのPさんから、11月「赤谷の日」もテンモニ調査を行うと、少しスパイスの
利いたメールが、AKAYAサポーターMLに流れた(笑)
もちろん私もその予定。
振り返ると色々あったテンモニ調査。
私が係わりはじめた頃は、赤谷の森に入る関係者には基本スキルであり、皆で
行う調査と位置付けられていた。
テンの落とし物を探す調査は下を見ている時間が長く、とても楽しい調査とは
言えず、係わる人は減り、一部のメンバーに偏る事になった。
テンモニ協力を求めて、はじめに言われたのが、サンプリングをするキットが
準備し難いのではないかと言われ、整理箱等を用意し、サンプリング用品を保
管してある押し入れを整備した。
次は「赤谷の日」において、「JITANさん達が先に手を挙げてしまうので、参
加しにくいのではないか」と言われ、調査担当の希望をとるのを最後に回して
もらった事もあった。
サンプリング用品もすぐに持ち出せるようにとも言われ、他の人のために、す
ぐに持ち出せるキットを5セット用意した。
そして今年の春から、調査メンバー固定化を改善する仕組みの準備として、主
な調査を全員で体験した。
その後、調査準備段階を共有するルールは出来たものの、固定化の改善は行わ
れていない。

私は(おそらくPさんも)、AKAYAプロジェクトのテンモニ調査と考えなくなっ
てきている。
考えると言いたい事が出てきてしまうし、研究者との個人的な信頼関係でサン
プリングを行っていると思わないと、とてもではないがやってられない。
言ってみれば、テンフン野郎A(あ○ち)チーム(笑)
少しでもAチームが増えてくれると良いのですがね。
いつでも入隊可能です(^^;

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Aチーム:

Comments

「特攻野郎Aチーム」、「エアーウルフ」懐かしいですね。
そして、今私たちは「テンモニ野郎あ〇ちチーム」若しくは「テンモニ野郎Aチーム」ですかね(笑)
「テンモニあ〇ちプロジェクト」ってのもよさそうですね。

JITANさんの言うとおり、チームへの加入は随時募集しています。

さて、11月赤谷の日には、JICA使節団のブラジルの方々が「テンモニ野郎Aチーム」に参加します。この方々には、サルナシ若しくはツルウメモドキを食したとても綺麗な!テンの落し物を見ていただきたいと思っています。

こんな綺麗なテンの落し物を見せたら、ブラジルには戻らず、しばらく「赤谷のテンモニ野郎Aチーム」に参加していたいなどというかも?そんなことないか・・・
ブラジルでは、アルマジロ(謎)が待っていますし、そのための使節団ですからね。

Posted by: ペンギン | 2009.10.22 21:12

サポーターって・・どんな人がなれるのですか?

山や生物・植物の知識がない人とかはいないんでしょ?(苦笑)


かなり専門的な方たちの集まりっていうイメージがあるのですが、どうなのでしょう??^^

全くの部外者の素朴な疑問なのですが・・・・^^;

Posted by: mari | 2009.10.22 22:19

ペンギンさん
今日はご苦労様でした。
週末宜しくお願いします。
11月「赤谷の日」も大変そうですね。
しかし、アルマジロ以外に、
指標になりそうな動物はいないのでしょうか?

mariさん
サポーターに参加資格はありません。
知識がない人でも学びながら、調査することが出来ますので、
心配はいりません。
近くに興味のある人がいましたら、是非ご紹介ください。

Posted by: jitan | 2009.10.23 15:19

とびいり参加のきいっちゃんです。
私もサポーターになって、jitanさんやペンギンさんと
いっしょに赤谷の日、楽しくやらせてもらってます。

mariさん、そうなんですよ、専門的な人の集まりなんてイメージに
したくないっ(実際もちがうけど)てのがわたしたちの
願いなんです、ほんと。
やっぱりふつうの人が何の抵抗もなく参加できて面白さが伝わって、
また来たい!!と思えないとへんでしょ!?
(よろしかったら「森林インストラクター日記」も見てください)

友達や家族の参加会もやりましょう、っていう話もあります。ぜひ!

Posted by: Kittyan | 2009.10.26 23:10

きいっちゃん
mariさんへの、フォローコメントありがとうございます。
公式AKAYAサポーター(?)でもメール会員を明言する人も現れて来ています。
それを考えると、mariさんのようにAKAYAプロジェクトを気にしていてくれる人も、広い意味でのAKAYAサポーターだと思います。
家族・友人の参加会、きいっちゃんのアイディアと熱意が良いものを創りあげてくれると思っています。

Posted by: jitan | 2009.10.27 20:27

きいっちゃんさん、はじめまして(^-^)
コメントを拝見してとっても嬉しかったです。

私自身、時々覗かせていただくHP、そしてJITANさんやペンギンさんから聞く話でしか「赤谷」の活動についてはわからないので。
「難しい研究活動なのかな~」とか「こんな事聞くようなレベルじゃないんだよな~」とかそんな風に考えていました。

でも、先日のキツネの親子の映像などをみていると「すごいな~行ってみたいな~」なんて思う事もあります(^-^)

きいっちゃんさんのような方がいらしてる集まりなら(コメントから優しさと一生懸命さがとっても伝わってきました♪)気楽に質問したり、教えてもらう事もできるのかなって思えました。

私は行ってないのですが、仲間の中で赤谷を案内してもらっている方も何人かいます。

ここのところそういう機会もなかなかできないようですが、家族・友人参加会!あったらいいなって思っています☆
(トイレさえあれば(よくJITANさんには話すのですが・・笑)

「森林インストラクター日記」実は何回か読ませていただいた事があります(^^)
またお邪魔しますね。

Posted by: mari | 2009.10.28 12:49

The comments to this entry are closed.