« 久々にFoveon | Main | テンモニ補完調査 赤谷林道(2010.05.03) »

2010.05.06

AKAYAプロジェクト 赤谷の日(2010.05.01/02)

100506
RICOH GR DIGITAL III

5月赤谷の日に参加。
1日目は、南ヶ谷湿地の調査、蝶類調査、テンモニに分かれての活動。
私は、ムタコ林道、雨見林道のテンモニ調査を行いました。
前回の調査では降雪のため、路面が濡れており、その際の取り残しが今回ムタ
コ林道では多かった。
しかしこれでリセット出来たと思いますので、今後の調査のノイズはかなり少
なくなるでしょう。
別班が担当した小出俣林道では、なかなか出なかった林道整備をしたエリアで
も、新しいサンプルが採取されたようです。
好奇心が強いといわれているテンが、なぜ今まで利用していなかったのか?
ちょっと不思議!

2日目は参加者全員で、トレイル整備、炭材の収集などを行った。
写真は、私がAKAYAプロジェクトに参加したときからある、観察テラスの撤去
作業の様子。
AKAYAプロジェクトをたたむ訳ではなく(笑)、老朽化に伴いいったん取り壊
す事にしました。
再築は、今後利用するのか検討してからになるのだろう。

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AKAYAプロジェクト 赤谷の日(2010.05.01/02):

Comments

赤谷の日2日目は、全体活動。いきもの村県道上段のネイチャートレイルの確認、整備方針の検討を行いました。

その一環として、老朽化した展望台(県道上と県道下)の解体と撤去を行いました。私は、展望台の解体と撤去に参加しましたが、何か一時代が終わったような妙な感傷に陥りました。
地域の方から見れば、赤谷プロジェクト「いきもの村」の展望台は、赤谷Pサポーターのシンボリック的な存在であったように感じます。
展望台を倒す時に私は「赤谷プロジェクト解散」とふざけて何回か言いましたが、地域の方も「あれ!どうしちゃったの。やっぱり赤谷P頓挫か?」と感じる方も多いのではないでしょうか。

赤谷P中核3団体とサポーターを地域の方々に知ってもらうことの重要性から、今年度から赤谷P地域協議会とサポーター間の意思疎通を図るため、いきもの村を有効に活用することとしています。

展望台は、「老朽化し危険なので撤去しただけです。」
赤谷Pは、総合事務居局、赤谷センター等の人事異動により、さらに活動が活発化するよう望んでいます。私たちサポーターグループも中核3団体(地域協議会、赤谷センター、NACS-J)のバックアップに協力する意志に変化はありません。

Posted by: ペンギン | 2010.05.06 20:48

The comments to this entry are closed.